CONTINENCE EXERCISES

コンチネンス体操

コンチネンス体操とは?

女性の身体はとってもデリケート

薬や医療だけでは解決できない不快な症状がたくさんあります。特に骨盤まわりの筋肉(骨盤底筋)は出産や肥満、加齢などで必ず弱くなります。セキやクシャミ、跳んだり走ったり、冷たい水で手を洗ったりした時にオシッコがもれた!という経験はありませんか?
そんな症状があると、安心して外出できない、運動するのもちょっと…と、心の元気もなくなります。

コンチネンス体操とは…

ボールと音楽を使った楽しく新しい骨盤底筋体操です。
コンチネンスとは「尿禁性=尿漏れがない・尿を我慢できる」という意味。
コンチネンス体操は、尿漏れや頻尿など女性特有の不快な症状を緩和するだけでなく、骨盤周りの筋肉も整え立ったり座ったりが楽になったり、背すじが伸びて姿勢もよくなります。
どなたでも気軽に行える簡単な体操で、時間も1日約5分。
コツコツ続けていくことで、その効果にあなた自身が一番感動するはずです。

まずは骨盤底筋について知っておこう

骨盤底筋

骨盤底筋は、骨盤の底に広がる薄い筋肉の集まりで、膀胱や子宮、直腸などを支えています。 出産・肥満・便秘・加齢・更年期のホルモンバランスの乱れにより、すべての女性の骨盤底筋は弱っています。 骨盤底筋が緩むと膀胱や子宮が下がり、尿道を締めにくくなるため尿もれがおこります。

最初に、基本の骨盤底筋体操(ケーゲル体操)をやってみよう!

骨盤底筋を意識しやすい姿勢を選んでください。 肩の力を抜いて、リラックスしましょう。
尿道、膣、肛門をキュッと締めて、息を吸いながら骨盤底筋をからだの中心部に向かって引き上げます。
5秒間そのままで、息を吐きながら緩めます。 締める&緩めるを速いテンポでも行いましょう。

肘と膝を床について
膝を立てて寝転ぶ
椅子に座る
机や椅子の背に手を置いて立つ

次に、コンチネンス体操をやってみよう!

骨盤底筋を収縮させた後、内もも(内転筋群)、腹部(腹横筋)、背中(背筋群)など 筋肉を足し算していきます。
それぞれの大きな筋肉を骨盤底筋とつなげて動かすことで 動きが安定し、正しく筋肉を使うことができるようになります。
その結果、日常動作でも自然に骨盤底筋を使えるようになり、不快症状が自然に改善していきます。

セミナーに参加しよう!

スマイルボディネットワークが提唱する新しい骨盤底筋体操(コンチネンス体操)・5デイズエクササイズでは、骨盤底筋だけではなく骨盤まわりの筋肉もトレーニングしていきます。
5分から7分という短時間で、自宅や公共施設、スポーツクラブ、病院、デイケアセンターなどで楽しく行えるコンチネンス体操です。
出産で傷ついた筋肉を修復し、子宮下垂、尿漏れ、頻尿、下腹部のたるみ、腰痛などを改善しましょう。

セミナー情報&お申込はこちら

楽しく効果的な骨盤底筋体操 コンチネンス体操
乳がん手術後の楽動体操
スマイルボディネットワーク資格認定制度
乳がん啓発運動指導士とは
活動実績・メディア紹介
企業・法人・自治体のご担当者様 公演・セミナー・取材のご依頼はこちら